天候や環境に対応できる素材選び

使う環境に合わせて選ぶ

他人が使用するビジネスバッグを見てみると、高級に見える、また使い続けた痕跡が見え見えでボロボロに見えるなど、様々、あるものです。高級に見えるバッグとそうではないバッグの違いはお判りでしょうか。
大切なのが、使う環境に合わせた選び方です。例えば外回りの多いお仕事の場合、天候に影響されることが多分に予想されます。そのような環境でビジネスを行うのに、ビジネスバッグは天候に影響を受けやすい天然皮のバッグだとしたらどうでしょう。天然皮は雨や直射日光、湿度、乾燥で変色や色落ちがしやすいため、使う程に劣化が激しくなります。皮の素材は使えば使うほど風合いが出るとは言いますが、皮にとって過度に刺激が強すぎると風合いどころではなく、劣化が進んでしまいます。

使う人の癖も考慮するとベスト

使う人の癖も考慮するとより良いでしょう。例えば、普段からバッグを持ち慣れない、またバスやタクシーなど待合の時にバッグを地面に置く習慣があるなら、バッグ下に台座が設置されたものを選ぶと、使う際の衛生面に配慮できます。
さらにバッグを持って歩く際に、身体に擦って持つクセがある方なら、バッグの素材は擦れても摩耗しない合皮やナイロンなどを選ぶと摩擦で劣化しづらくなります。加えてビジネスバッグに書類のみならず、財布や傘などの日用品も同時に収納する習慣があるなら、沢山収納しても軽くて伸縮性がある素材の物を選ぶというのもオススメ。
ご自身がこれまで使用していたビジネスバッグがあるなら、それを見て確認してみると良いでしょう。どこに劣化が強く生じているか、また汚れやすい原因は何か。見極めることで分かることもあるものです。


この記事をシェアする